通所リハビリテーション

ご利用までの流れ

通所リハビリテーションの申し込みは、当事業所の支援相談員へご相談下さい
通所リハビリテーションのご利用の際には、居宅サービス計画書の作成が必要です

入所申し込み際に必要な書類
① 通所申し込書 当事業所の所定用紙です。
② 診療情報提供書 係りつけの医師からの医療等に関する情報提供です。
③ 胸部レントゲン 必要に応じて、その他の検査をしていただく場合もあります。
④ 介護保険被保険者証 要介護状態区分や有効期間等の確認をいたします。

※居宅介護支援事業者のケアマネジャーへ依頼をお早めにして下さい。

通所リハビリテーション申し込みに必要な書類

体験通所リハビリテーションについて

  • 通所リハビリテーションに馴染めるか不安な方や当事業所のサービスの内容を具体的に知りたい方等の場合に限りご利用させて頂いています。
  • 正式な手続き前に簡単な手続きにより「体験通所リハビリテーション」のご利用ができます。
  • 「体験通所リハビリテーション」の費用は無料とさせて頂いています。
  • お申し込みは当事業所の支援相談員までご連絡ください。

支援相談員による面談

申し込み中に、ご利用される方の心身の状態や病歴等の調査をいたしますので、ご協力下さい。※訪問調査は、ご家庭や病気へ伺わせて頂くこともありますのでご了承下さい。
また面談、調査の記録は、通所リハビリテーション利用の検討会議以外では使用しません

通所リハビリテーション利用の決定

申し込みが済みますと提出していただいた情報を基に「通所リハビリテーション利用の検討会議」が開かれ、通所リハビリテーション利用の要否が決定されます。その内容につきましては後日、支援相談員よりご連絡いたします。

再通所リハビリテーション利用の決定

当通所リハビリテーションを利用していた方が、入院となった場合や長期的な休みをしていた場合は、再検討会議を行い通所リハビリテーションの再利用を開始しています。

※心身の状態等の把握と評価を行い、その状態の変化に伴う通所リハビリテーション計画の見直しを行います。
※再利用の検討会議では必要な資料として、診療情報提供書(胸部レントゲン)、看護サマリー、必要に応じて検査データー等の呈示を支援相談員からご連絡いたします。

利用の決定がされた方は

通所リハビリテーション提供の開始に際し、あらかじめ、利用者および家族代表者に対し、通所リハビリテーション運営規定の概要、従業者の勤務体制その他の利用者のサービスの選択に資すると認められる重要事項を記した文書を交付し、説明を行います。その内容を十分にご理解、ご承諾の上で利用者および家族代表者様の同意を得ることとします。

下記の書類等の提示、提出をお願いいたします。

① 通所リハビリテーション契約書 通所リハビリテーション利用約款、重要事項説明文書をご承諾の上、記載、捺印をお願い致します。
② 個人情報提供同意書 約款第7条を承諾の上、記載、捺印を願います。
③ 介護保険被保険者証 要介護状態区分などのコンピューター入力を致します。

※介護保険被保険者証などの複写をさせて頂いておりますので、ご了承下さい。

ページトップへ戻る

  • 友愛会トップ
  • 豊見城中央病院
  • 南部病院
  • 健康管理センター
  • 豊崎クリニック
  • 介護事業部
  • 採用情報